プレッシャーを克服するには。100mを9.98秒で走る桐生祥秀選手に聞く、本番で結果を出す方法

2017年9月9日。陸上競技・男子100mで日本人初の9秒台を記録し、日本陸上界に歴史を刻んだ選手がいます。その名も桐生祥秀(きりゅうよしひで)選手

東洋大学4年生、若干21歳でまさに歴史的快挙を成し遂げた裏側には、血の滲むようなトレーニングの日々があったのはもちろん、並大抵ではない精神力があったことでしょう。
昨年のリオデジャネイロオリンピックにも出場した桐生選手ですが、日本中の人々の期待を背負いながら、0コンマ1秒の世界自分が持っている最大限の力を発揮するために、どのようにしてプレッシャーに打ち勝っているのでしょうか。

今回は、桐生祥秀選手に競技前の習慣やプレッシャーとの戦い方についてお伺いしました。

「大事な試験やプレゼンの時に、緊張してしまって思うように力を発揮できない…」とお悩みの方は参考にしてみてください。

プレッシャーを感じない!?大会は「現在の自己ベストを知るための挑戦の場」

画像:東洋大学法学部企業法学科4年桐生祥秀さん


ーこの度は日本人初の9秒台達成、本当におめでとうございます!
陸上競技では花形といわれる100mで、一つひとつの動きが世界中の人々に注目される中、0コンマ1秒の世界で戦われるということは大変大きなプレッシャーを感じると思うのですが、いつも競技の時にプレッシャーは感じていますか?

「実は僕、プレッシャーは全然感じないんですよ(笑)。

練習の時って、100mを走ることがあまりないんです。100mを全力で走り切るために、それより長い120mを走ったり、反対にスタートから前半までの加速力を磨くために100mよりも短い距離を走ったり。

そういった練習を日々重ねているので、普段は100mのタイムを正確に測る機会があまりなくて。
大会の時は『今の自分はどのくらいの速さなんだろう』って挑戦する気持ちなんです。」

ー緊張などもされないんですか?

「うーん…緊張というか…大会の時って会場にたくさん人がいるので、観客の盛り上がりによる高揚感みたいなのはありますね。
だけど、それもひとつのワクワク感に繋がっているというか。」

ー「勝てなかったらどうしよう…」といったネガティブなことは考えないんですね。

「そうですね。例えば、もしタイムが出なかったとしても、極論、生死に関わるほどではないじゃないですか。
ダメだったらまた練習すれば良いし、失敗なんて誰でもするし。

それよりも今までの練習を振り返った時に、『これだけ練習してきたんだから、今の自分のベストに挑戦したい』という気持ちの方が大きいんだと思います。
実際に走っている時は無心なので、良いことも悪いことも、何も考えていないですね(笑)。」

ー良い意味で、「他人にどう思われるか」よりも「今までの練習の積み重ね」が桐生選手にとって大きな存在となっているんですね。

「確かに、周りにどう思われるかというのはあんまり考えないですね。

あとは、洛南高校3年生のときに10秒01という記録を出してから、多くの方々に注目されながら走ることに慣れたというのもあるのかもしれません。」

試合前の過ごし方は、あえて細かくルーティン化しない


ーとはいえ、大勢の人たちの視線を集める中で、自分のベストに挑戦することはそれなりに集中力がいることだと思います。
スポーツ選手の方などはよく、「集中力を高めたり、緊張を和らげたりするために本番前に行うルーティンを決めている」という話を耳にしますが、桐生選手はどうですか?

「逆に僕は、競技の前に行うルーティンを決めないようにしています

中には、それこそ分単位で本番前に行うことを決めている選手もいると思いますが、僕の場合はそうすると逆にそれができなかった時にすごく不安になってしまうと思うんです。
大会の時って、気候やアップの時間など、与えられている環境がいつも同じというわけではありません。そうした時に、『いつものルーティンができなかった』という状況は十分起こり得ると思うので。」

ー集中力を高めたり緊張を和らげたりするために行うルーティンが、かえって不安を招く要因になってしまうリスクもあるということですね。

「そうです。

あ。でも、いつもアップ中に音楽は聴いています。何分聴くとか、どの曲を聴くとかは決めていないんですが。」

ージャンルなどは決めているんですか?

クラブミュージックですね(笑)。

結構普段からクラブミュージックを聴くので、その延長線上で。ただ、普段はゆったりめの曲を聴くことが多いんですが、競技前は割と激しめの曲を聴きます。会場の盛り上がりに合わせてアップテンポの曲を聴くことで、テンションを高めていくんです。

決めすぎても良くないので、はっきり分けているわけではないですけど、競技前に聴くようにしている音楽リストはありますね。」

ーそうなんですね。ちなみに、そのリストに名前はあるんですか?

『試合』です(笑)。」

ー分かりやすいですね!
あえてルーティンを決めないとのことですが、大会の前の食事なども決めていないんですか?

「全然決めていないです。その時食べたいものを食べるといった感じで。
ただ、ルーティンというわけではありませんが、最近、日本国内でのレースの前夜はチーズケーキとブラックコーヒーを決まって食べていますね(笑)。
あとはお肉が好きなので、お肉を食べることが多いですが、『試合前だからこれは食べちゃダメ』ってものは全くないです。」

目標も走り方も細かく決めすぎない。成長過程だからこそ挑戦を続ける桐生選手


ー大きな大会でも特に緊張することなく、細かいルーティンもあえて決めていないという桐生選手ですが、9.98を記録した時は走る前に「9秒台を取りに行くぞ」という想いがあったのでしょうか。

9秒台を狙っていたわけではなかったです。
ただ、もちろん大会に出る以上『勝ちたい』という気持ちはあって、一緒に走る他の選手たちのことを考えると10秒台前半は出さないと勝てないだろうなと思っていました。

なので、勝ちに行くための走りをしたという感じですね。」

ー「9秒台を取るぞ」という気持ちではなく、「競技に勝つ」という思いで走った結果、9秒台が出たということですね。
今後はどのような選手になりたいと考えていますか?

「やはり世界大会のファイナルで戦うことが目標ですね。
あと、レースを見てくださる方にとって、自己ベストを更新することが分かりやすい結果だと思うので、記録もさらに伸ばしていきたいです。

とはいえ、僕はまだ陸上選手として成長過程にいると思っているので、自分に合うトレーニングや勝ちパターンの走り方を今、決める段階ではないなと。なので、今のうちにとにかく色々なトレーニングを試してみて、25歳〜30歳くらいになった時に、自分に合ったトレーニングや走り方を見つけられているといいなと思います。」

細かいことを決めすぎず、本番は「自分の成長を楽しむ場」にしよう

もともとあまりプレッシャーを感じたり緊張したりすることがないと語る桐生選手。
そんな桐生選手ですが、本番に自分のベストを尽くす方法として

・本番は「今の自分への挑戦」だと考えること
・他者の目を気にせず「今までの練習」を信じること
・本番前の過ごし方として、細かすぎるルーティンを決めないこと
・自分は成長過程にいると考え、細かすぎるルールや目標を定めずに挑戦を続けること

などがありました。

桐生選手が言うように、大抵のことは失敗しても再び挑戦することができます。
また、細かい目標やルールを決めすぎてしまうと、そればかりを気にしてしまったり、それに反した時に不安を感じてしまうというデメリットがあります。

試験やプレゼンの本番で緊張してしまうという方は、勉強や資料作成など、それまでの努力を信じて、本番はあくまでも「自分の力を発揮する場」と考え、大らかな気持ちで本番を楽しむ余裕が持てると良いのではないでしょうか。

日々の努力と自分への挑戦心を大切に、他者の目を気にするのではなく自分の成長を楽しむ気持ちで、前向きに挑んでみてください。

桐生祥秀 きりゅうよしひで
東洋大学法学部企業法学科4年

1995 年12 月15日生まれ。滋賀県彦根市出身。中学校で陸上をはじめ、全国大会で活躍する。洛南高等学校進学後、インターハイや日本選手権、モスクワ世界陸上に出場。高校3年次には、10 秒01の世界ジュニア記録に並ぶ記録をマークする。東洋大学入学後はインカレなどで活躍、2014年には日本選手権100mで優勝。2015 年には追い風参考ながら9秒87の日本人で初めての9 秒台をマークする。2016 年リオオリンピックに出場し、男子4×100mリレーでは日本チームの第三走者を務め、予選でアジア新記録をマーク、決勝ではアジア記録を更新し銀メダルを獲得。2017年は世界陸上男子4×100mリレーで銅メダルを獲得。9月の日本インカレ男子100m決勝において、日本人初の9秒台となる9秒98の日本新記録を樹立した。